KTC中央高等学院の口コミや学費を徹底調査

全日制の高校との違い

KTC中央高等学院は、通信制高等学校の屋久島あおぞら高等学校に入学して、最寄のKTC中央高等学院に通学しながら高校を卒業することが可能な通信制の学校なのです。

 

年に一回ほど、屋久島スクーリングに参画するほか、課題であるレポートを定期的に提示します。

 

ありふれた全日制の高校と違うというのは、規定された授業や行事を行なってもらうのではなく、生徒各自が、登校日数や時間、指導してもらう先生を選択できるところです。

 

たくさんの年齢の方が学ぶ高校だからこそ、数多くの世代の方とフレンドリーに学校生活を送っていくことができます。

 

これとは別に、自分の夢に相応しい学習や体験など、他の高校では楽しむことができない経験ができます。

 

受講内容や提出レポートなど、通信制の場合は全てを自分で調節しなければいけないので、困難である気もしますが困ったという部分は先生方や、カウンセリングの先生に気楽な気持ちで話し合いができるので安心です。

 

KTC中央高等学院には、夢の現実化のために専門の教育を持っていて、実際に職場を足を運んだり、職人から実際的に話を聞くこともでき、より現実に行っている仕事のイメージを獲得することができます。

 

また、地域で生活している方々のイベントやボランティア活動なんかもあり、社会と接触する足掛かり作りも実施しているようです。

 

日本だけでなく、世界を念頭に置いた活動も行っており、様々なことをチャレンジできる学校です。 KTC中央高等学院は、個人個人に取り入れた授業や行事があり、生徒の自立性を向上してくれる高校です。